読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Her

Spike jonzeの新作"her"を、試写会で観てきました。
PCモニター、携帯が今より発達した近未来。
人に言えないような悩みも、機械になら言える…
人ではなく、機械の声に本気で恋をする。それが自分だけではなく、周りの人たちの日常である時代。

ホアキンが演じる、主人公のセオドアは、いつもどこか寂しそうで、
胸にポッカリ空いた穴を、新しい恋愛で埋めようとする。
真面目すぎて空回りしてしまう姿が切なくて共感出来ました。

ふとした時に、過去の楽しかった恋愛を思い出すシーンが、とても素敵!
2人で三角コーンを頭にかぶってるシーンが好きでした!
スパイク・ジョーンズっぽいな!と笑えました。
あんなカップルいたら、最高です。

f:id:muumenna:20140612100941j:plain
ファッション、近未来のPCデザイン、
オフィス、セオドアの部屋、
色が綺麗で、とてもセンスがいい!
グラフィックデザインは、Geoff Mcfetridgeだそうです。
プロジェクターを使った、近未来のゲームもとても面白そう。
なぞの口が悪いキャラクターがかわいい。
f:id:muumenna:20140612100920j:plain
電車から見える風景や、細々したところが洗練されていて、クリエィティブ。

恋人や、好きな人、友達と一緒にというより、
1人で観に行きたい作品だと思いました。

機械は素晴らしいけれど、もっと人と向き合わないとなぁ…と、
見終わって寂しくなって、誰かに電話してしまいそうな…笑
私はポジティブな気持ちにもなったので、観てよかったです!

6/28公開♪
f:id:muumenna:20140612101431j:plain